あいかわ公園 ツツジの図鑑

あいかわ公園で見られるツツジをまとめた図鑑です。ツツジは自生種から園芸種まで様々な種類があり、似たようなものがとても多いです。図鑑を片手に見比べながらお散歩していただけると幸いです。用語としてクルメツツジを原種とするもの(クルメ系)、日本にもともと存在するもの(自生種)、シャクナゲというツツジ科の花と交配したもの(交配種)が出てきます。現在45種類が載っています。

図鑑 赤色のツツジ

赤色のツツジ


チクシベニ(クルメ系・一重咲き)
f:id:aikawa_park:20200405103733g:plain
場所:パークセンター正面の階段 
時期:4月上旬
濃い赤色を持つ。一重咲きの赤色系の中では見分けやすい種類です。見分けるポイントとして、花の中の雄しべの数に注目してみましょう。チクシベニには7本の雄しべがあります。おしべが短いため、めしべの長さが目立ちます。
f:id:aikawa_park:20200404161700j:plain
チクシベニは公園の赤系のツツジの中でも特に色が濃いです。
f:id:aikawa_park:20200610104304p:plain
奥に咲くのは紫系のコチョウノマイです。色が全然違いますね。花の斜面下のパークセンター側ではたくさんのチクシベニが見られます。





リュウ(クルメ系・二重咲き)
f:id:aikawa_park:20200405115129j:plain
場所:工芸工房村の上り坂 
時期:4月上旬
赤とオレンジを混ぜたような色合いを持つ。花中央と外側で色が異なるものが多く、見た目以上にカラフルな印象を与えてくれます。赤色系の中では二重咲きのため簡単に見分けられます。
f:id:aikawa_park:20200405115304j:plain
花の後ろに有る緑色のガクが花びらのように変化しています。ヒリュウの裏側を見てみましょう。
f:id:aikawa_park:20200610104355p:plain
工芸工房村から森のわたり橋へ進む道に絶好の撮影スポットがあります。じっくり見られるのでおすすめです。





ホンキリシマ(キリシマ系・一重咲き)
f:id:aikawa_park:20200405170426j:plain
場所:パークセンター正面階段 
時期:4月上旬
小輪の花を咲かせる。こちらは雄しべが5本なので、似たチクシベニと判別できます。公園にも生えている自生種ヤマツツジの品種改良種で、キリシマ系は似たものが非常に多いです。ホンキリシマはヒリュウの色に近く、真紅色と呼ぶにふさわしい色合いです。






ヒノデキリシマ(キリシマ系・一重咲き)
f:id:aikawa_park:20200405165354g:plain
場所:工芸工房村の上り坂 
時期:4月上旬
ホンキリシマが真紅ならヒノデキリシマは赤とピンクの中間の色合いです。また、ヒノデキリシマのほうがホンキリシマより大きい花をつけます。
f:id:aikawa_park:20200405164009j:plain
大きさよりも色の違いに注目すると分かりやすいかもしれませんね。






ヤマツツジ(自生種)
f:id:aikawa_park:20200405171147g:plain
場所:花の斜面左上  
時期:3月下旬~4月上旬
山地に自生する赤とオレンジ色の混ざり合った美しいツツジです。交配種のツツジの原種として利用されてきました。ミツバツツジほどではありませんが大型の花をつけるため非常に目立ちます。
f:id:aikawa_park:20200610104453p:plain
森のわたり橋付近の階段の当たりではヤマツツジ、ハナアソビの2種が時期になるとにぎやかに斜面を彩ります。この付近のヤマツツジは特に淡い色をしており、色の比較におすすめです。





オンツツジ(自生種)
f:id:aikawa_park:20200408131406j:plain
場所:パークセンターから花の斜面入口 
時期:4月中旬
ミツバツツジと同様に3枚の葉を開きます。色は差があるものの明るいオレンジに赤色が入ったような色で目立ちます。自生種ではありますが、分布は西日本です。






ハナアソビ(クルメ系・一重咲き)
f:id:aikawa_park:20200405145125j:plain
場所:森のわたり橋付近  
時期:4月上旬
前2種よりも大きめの花を咲かせます。花が大きい分雄しべも長いです。おしべとめしべの長さが同じくらいなのもわかりやすいです。f:id:aikawa_park:20200404161722j:plain左にわずかに映るのがホンキリシマの色です。ハナアソビが赤紫に近い色なのが分かります。
f:id:aikawa_park:20200610104609p:plain
おすすめ撮影スポットは森のわたり橋付近です。ミツバツツジヤマツツジ、トコナツなどとうまく写真を撮るとお気に入りの一枚が撮れるかもしれませんね。
写真の奥はミツバツツジです。



レンゲツツジ
(自生種)
f:id:aikawa_park:20200507105021j:plain
場所:花の斜面上部
時期:4月中旬~下旬
あいかわ公園で実際に色を見てほしいツツジNo.1がこのレンゲツツジです。淡いオレンジの中央とそこから外側にかけて赤色が濃くなる赤系のグラデーションがたまりません。レンゲツツジは自生種で高山に生える植物なのですが、あいかわ公園では元気に育ってくれているようです。



ベニドウダン
f:id:aikawa_park:20200507130735j:plain
場所:花の斜面
時期:5月上旬
ドウダンツツジの園芸種というわけではなく、日本に自生している種類です。ドウダンツツジたちは園芸としてなじみ深いですが自生は珍しい種類です。ベニドウダンの本来の分布は西日本の太平洋側とされています。




オオサカズキ(サツキ)
f:id:aikawa_park:20200513152704j:plain
場所:パークセンター前
時期:5月中旬~下旬
最もメジャーなサツキとされ、色々な所に植えられているのを見かけられます。サツキたちは5月中旬~咲くものを指し、ややこしいですがまとめればツツジの仲間です。



サツマベニ(サツキ)
f:id:aikawa_park:20200513153535j:plain
場所:花の斜面
時期:5月中旬
花の斜面に植えてあるツツジたちの中では咲くのが5月中旬頃からと比較的遅い種類です。サツマベニが見頃のころには他のツツジたちは旬を終えているので注意しましょう。大輪の赤花なので迫力があります。




ベニクマノ(サツキ)
f:id:aikawa_park:20200527131738j:plain
場所:花の斜面中央
時期:5月中旬
中輪でサツマベニよりも鮮やかな色合いをしています。花の時期はサツキ系なので5月中旬~と遅いです。オオサカヅキ、サツマベニ、ハカタハクの種類が同じ時期に見られます。




カルミア オスポレッド

f:id:aikawa_park:20200523135430j:plain
場所:パークセンター前
時期:5月中旬
あいかわ公園のツツジが咲き終わったころに紙風船のような可愛い花をたくさんつけます。もともと日本にはない植物で、園芸用に使われています。独特な赤色と花付きの良さから写真映えもする綺麗な花ですが、やってきた虫が雄しべに触れると花粉を出すなど日本のツツジとも似たような性質を持っています。