あいかわ公園 ツツジの図鑑

あいかわ公園で見られるツツジをまとめた図鑑です。ツツジは自生種から園芸種まで様々な種類があり、似たようなものがとても多いです。図鑑を片手に見比べながらお散歩していただけると幸いです。用語としてクルメツツジを原種とするもの(クルメ系)、日本にもともと存在するもの(自生種)、シャクナゲというツツジ科の花と交配したもの(交配種)が出てきます。現在45種類が載っています。

図鑑 ピンク色のツツジ

コチョウノマイ(クルメ系・二重咲き)
f:id:aikawa_park:20200405145630g:plain
場所:工芸工房村の上り坂 
時期:4月上旬
小輪で二重咲きが特徴的な花です。コチョウノマイを見かけたら上からも確認してみましょう。たくさん花をつけるため絨毯のように辺り一面を彩ります。
f:id:aikawa_park:20200405145846g:plainピンク色のツツジの中でも二重咲きのため見分けやすいです。クルメ系の中でも特におすすめです。
f:id:aikawa_park:20200610104737p:plain
あいかわ公園のクルメツツジと言えばコチョウノマイ!と言わんばかりの圧倒的な薄紫の絨毯です。花の斜面中央はすごいですよ!
雨上がりの晴の日には写真のように水滴とともに撮れる可能性があります


ハルイチバンシャクナゲ交配種)
f:id:aikawa_park:20200405150259g:plain
場所:パークセンター前や工芸工房村の上り坂 
時期:3月下旬~4月上旬
鮮やかなピンク色と紙風船のような角ばった形が目立ちます。光を当てているかのような輝きなので遠目からでもほかのツツジと色の違いが分かります。ほかのツツジよりも先に咲くためハルイチバンと呼ばれます。シャクナゲ交配種はお団子のように花をつけ、ぼわっとした印象を受けます。
f:id:aikawa_park:20200610101034p:plain
なんとなく伝わるでしょうか? 図鑑作者の一番のおすすめはこのハルイチバンです。ぜひ生で見て欲しいと思います。




ヨシノシャクナゲ交配種)
f:id:aikawa_park:20200405153000g:plain
場所:パークセンター前 
時期:3月下旬
ハルイチバンと同じく春に先駆けて咲くツツジです。花付きが良く、埋め尽くすようにピンクの花をつけるため人気高い種類です。ミツバツツジなどのあいかわ公園で美しく斜面を彩る種類が見ごろになると、ヨシノの花は終わっています。




キリン(クルメ系・二重咲き)
f:id:aikawa_park:20200408124328j:plain
場所:パークセンター前から花の斜面へ向かう階段 
時期:4月中旬
緑とピンク色の対比が美しい種類です。二重の花を高い密度でつけるため、ピンクのじゅうたんのような美しい景色を楽しむことができます。二重なことから同じピンク色の中でもすぐに見分けられる種類です。




ミツバツツジ(自生種)
f:id:aikawa_park:20200405151637j:plain
場所:花の斜面 
時期:4月上旬
あいかわ公園で最も目立つツツジです。背丈が2m程と高く遠目からでもはっきりと姿を見ることができます。おしべの数が5本ならミツバツツジ、10本ならトウゴクミツバツツジです。秋には名前の由来の3枚の葉が紅葉を見せ、春も秋も楽しめるツツジです。




トウゴクミツバツツジ(自生種)
f:id:aikawa_park:20200405152101g:plain
場所:花の斜面左上側 
時期4月上旬
ミツバツツジと同じ時期に斜面を彩ります。関東地方で多く見られるためトウゴクと名づけられました。あいかわ公園ではミツバツツジの背丈が高いので、1m程度の背丈でピンク色の大型の花をつけていればトウゴクと見分けられます。おしべの数は抜け落ちているものも多いので、いくつかの花で数えてみましょう。
f:id:aikawa_park:20200610104854p:plain
サクラの時期が合えば淡いピンクと濃いピンクの2種類を楽しむことができます。花の斜面下の方です。



アヤヒメ(クルメ系・一重咲き)
f:id:aikawa_park:20200405153156g:plain
場所:花の斜面(風の丘付近) 
時期:4月上旬    
 ミツバツツジよりずっと濃いピンク色の花をつけ、葉の緑との対比が美しい種類です。切れ込みが深く、5枚の花弁がはっきり目立ちます。おしべが白いため、あいかわ公園のピンクのツツジではそこで他の種類と見分けられます。老いの目覚めという似た種類があるのですが、明確な区別点が分からないためアヤヒメと老いの目覚めを分けていません。
f:id:aikawa_park:20200610104947p:plain
花の斜面中央付近の風の丘への階段の手前辺りにはアヤヒメと後述のマヤフジンがたくさん植えられている場所があります。2種の異なるピンクを比較しながらお気に入りの1枚を撮るのがおススメですよ。



マヤフジン(クルメ系・一重咲き)
f:id:aikawa_park:20200408123842j:plain
場所:花の斜面(風の丘付近)  
時期:4月上旬~中旬
 アヤヒメと同じく明るめのピンク色が目立つ品種です。あいかわ公園のピンクのツツジの中では最も小さい種類です。色合いは、ハナアソビとアヤヒメを混ぜたような色合いです。
f:id:aikawa_park:20200405164249j:plain
マヤフジンは花が小さく、アヤヒメよりも赤色に近いです。加えておしべが赤みを帯びます。写真でもポイントが見られます。




イッテン(クルメ系:一重咲)
f:id:aikawa_park:20200408122933j:plain
場所:工芸工房村の上り坂
時期:4月中旬~下旬
淡いピンク色の小ぶりな花をつけます。おしべが極端に短く、ぱっと見はめしべしかついていないように見えます。花の内側をのぞいてみると、付け根のところにまとまっている様子を見ることができます。




クロフネツツジ(自生種)
f:id:aikawa_park:20200408125145j:plain
場所:花の斜面中央辺り 
時期:4月上旬
 淡いピンク色の大型の花を1輪つけることからツツジの女王とも呼ばれます。クルメ系と比べてみると大きさは圧倒的です。
海外から持ち込まれたツツジの1種で、当時は日本にやってくる外国船を黒船とよんだことから名付けられています。




キシツツジ(自生種)
f:id:aikawa_park:20200408132250j:plain
場所:工芸工房村の上り坂 
時期:4月上旬
西日本でよく見られるツツジです。キシの名の通り川岸の岩場などに生えます。 似ているモチツツジとは近いお友達ですが、キシツツジが雄しべ10本であるのに対してモチツツジは5本であるところで判断できます。
f:id:aikawa_park:20200610111114p:plain
パークセンターから入ってすぐの花の斜面入口では花弁が6枚あるキシツツジを見ることができます。株自体が6枚咲きのようで、複数見られました。


モチツツジ(自生種)
f:id:aikawa_park:20200507104644j:plain
場所:花の斜面中腹
時期:4月中旬~下旬
花の付け根に強い粘り気を持つためモチの名がつけられています。ツツジの仲間は付け根がべとべとするのですが、実際に触れてみると確かにモチツツジのべたつきはとても強いです。優しく触れて試してみてくださいね。キシツツジと非常に似ているのですが花から出ている雄しべの数に注目してみましょう。モチツツジは雄しべが5本でキシツツジは雄しべが10本あります。
写真のように淡い色と濃い青空を撮ると色が映えておススメです。





レジナ(クルメ系・一重咲き)
f:id:aikawa_park:20200408134703g:plain
場所:工芸工房村付近
時期:4月上旬
 あいかわ公園の物はまだ草丈が低く目線より低い高さで観察できるのでお勧めの品種です。薄いピンクを中心にグラデーションのようにピンクの色が変わります。早咲きの品種なので観察時期に注意しましょう。



西洋シャクナゲ(園芸種)
f:id:aikawa_park:20200603160118j:plain
場所:花の斜面中央
時期:4月~5月にかけて
花木の女王と呼ばれるほどの美しさは本物で、思わず「おぉ」と感想が漏れてしまうような美しさです。それは白、薄いピンク、濃いピンクの3色が作り上げるグラデーションとそれを引き立てる平面に広げた緑の大きな葉が大きく影響を与えていると思います。花は大きく、まとまって付くためとてもおススメです。
日本シャクナゲも存在しますが葉が内側に巻く特徴から見分けられるとされています。






カルミアキャンディ
f:id:aikawa_park:20200523140053j:plain
場所:パークセンター前
時期:5月中旬~下旬
お菓子のような名前の響きが可愛い種類です。カルミアは実は種類が少ない種であり7種類しかありません。ピンク色のキャンディの色合いは淡いピンク色ではかない雰囲気を漂わせています。他のカルミア同様花付きはかなり良く、団子状にたくさん咲いている様を見ることができますが、花期が5月中旬以降と遅いので注意が必要です。



カルミアサラ
f:id:aikawa_park:20200523140555j:plain
場所:パークセンター前
時期:5月中旬~下旬
カルミアたちは同じ場所に植えてあります。サラはキャンディとレッドを混ぜたような色をしています。それでいて花の内側と外側で色が違うという点が面白いですね。このような2色咲きの花は個性が強く、自分好みのお気に入りの花を探す楽しみがあります。花たちが持つそれぞれの個性を探してみてくださいね。


ロージー(八重咲き)
f:id:aikawa_park:20200603154457j:plain
場所:パークセンター前
時期:5月上旬~中旬
5月中旬ごろに咲く八重咲のサツキです。八重咲は髪飾りのように繊細な花をしており、植栽されたばかりでまだ背丈が低いこととあいまって作り物のような花に見えます。同じ時期にパークセンター前のオオサカヅキも見ごろを迎えているため、辺りはにぎやかになります。